ソープin浜松

浜松ソープの情報

 

浜松には、ソープランドが2軒あるそうです。どちらも学生の時から知っているので、かなりの老舗だと思います。社会人になってからは、電車に乗って金津園まで行った記憶があります。2時間くらい掛かったけど、地元のソープと比べ物になりませんでした。

 

浜松のソープ事情

浜松は江戸時代より、東海道随一の色町だったそうです。現在の鴨江旅館街が「二葉遊廓」の跡地になるそうです。売春禁止法が施行され赤線に指定されると、ちょいの間が多くなり旅館が増えたようです。他地域では、赤線跡にソープ街や歓楽街ができます。浜松はカフェなどの私娼が多く、ソープ街や歓楽街は形成されなかったようです。

 

浜松に新しいソープはできるのか

東京オリンピックが開催される前に、風俗店の取締りが厳しくなったそうです。風営法が改定され、ソープの新規開店禁止・改装禁止・免許の更新と名義変更禁止だそうです。ソープが立ち枯れするように改正された訳ですね。浜松どころか、全国に新しいソープはできないようです。

 

ソープの料金システム

浜町のソープは昼コースと夜コースがあり、姫も早番と遅番があるそうです。料金は、受付けで入浴料を支払い、プレイ終了後にサービス料を姫に渡します。総額で60分22,000円くらいだったと思います。指名もありますが、写真パネルはありません。一見さんの指名は無理ですよね。お気に入りの姫がいれば、名刺をもらって次回指名できるそうです。そういえば、待合室に姫の名札がかかっていました。名札で出勤を表してたんだ・・・と、今気が付きました。

 

ソープのサービスと流れ

浜松のソープは、2軒とも公式サイトがあります。ネットと携帯から、指名や予約ができるそうです。受付けで入浴料を支払い、待合室に行きます。案内の時間になったら姫が迎えにきます。一緒に部屋に入り服を脱ぎます。体を洗って入浴していると、マットの準備です。混浴と潜望鏡は、プレイ時間によって省力されるそうです。マットでローションプレイが始まり、素股でも生フェラでも発射オーライです。元気があれば、ベットで2回戦になります。最後にサッと洗って着がえたら、バイバイになります。

 

ソープで感激した話

浜松のソープには、何度もお世話になっています。優しいお姉さんに童貞を捨てさせて頂きました。潜望鏡は、目の前でみるフェラがショックでした。フェラの快感を知ったのも、ソープだったと思います。当時マットプレイは「泡踊り」と言われたそうです。誰が考案したか知りませんが、こんなに気持ちが良いのは初めてだ!と感激した思い出があります。

 

ソープで虚しかった話

ちょっと飲みすぎてソープに行った時、オチンコがまったく反応しなかった事があります。お姉さんは一生懸命頑張ってくれましたが、ピクリともしませんでした。「お金がもったいないからね、飲みすぎた時に来ちゃダメよ!」と説教された記憶があります。ソープにお気に入りの姫ができて、お小遣いの殆どを注ぎ込んだ時があります。給料日にソープに行ったら、お気に入りの姫が、名古屋に行ったそうです。仕方なくフリーで遊んだら、オカマみたいな姫だったんですよ。気分もオチンコも沈んだまま、上を向いて歩こうを歌って帰りました。

ソープin浜松記事一覧

管理人のトルネコです!さてさて、今回もじっくり風俗を楽しんじゃいます☆誰もが魅力的なサービスを体験するには、それなりの覚悟が必要だと思いますが、安心して得利用することができるソープの世界を堪能してみました!今回はヌキの最高峰でもあるソープの世界をじっくり楽しませてもらいました♪その名も魅力的な「スチームバス浜松」というお店です^^完全個室型のソープでの濃厚プレイは絶妙!ソープの魅力は何と言っても濃...